春日井市の英会話教室・英語スクールはステップ・フォワードへ。年中・年長・小学生まで対応します。

2020年 新たな英語教育制度がスタート

2020年から全面実施される小学校の新たな英語教育制度。小学5・6年生で英語が正式な「教科」となり、年間70時間の授業が行われるようになります。現行の学習指導要領では、コミュニケーションの素地を養うことが目的でしたが、2020年から始まる英語教育制度では、読むこと、書くことに加え、文法学習も始まります。検定教科書が配布され、他の教科と同じようにテストで成績がついたり評価されたりするようにもなります。小学3・4年生には英語を慣れ親しむことを目的とした年間35時間の「外国語活動」が必修化されます。

2018年から新制度への移行が開始

新たな英語教育制度の円滑な導入に向け、移行措置案も出されています。具体的には 小学3・4年生には年間15時間の外国語活動の時間が新設され、小学5・6年生には、現在35時間の英語の時間に15時間が追加され、年間50時間の英語の時間が設けられるようになります。

「中学・高校・大学入試への影響」

中学校

中学入試への影響|子供英会話・こども英語教室

中学校は2021年から新学習指導要領が実施されます。今回の改訂で、4技能(聞く、話す、読む、書く)のうち、「話す」目標が「やり取り」と「発表」の2つに分けられ、より「話す」領域に重きが置かれるようになります。「思考力、判断力、表現力」をつけることが新しい目標となり、例えば、英語で聞いたり読んだりした内容について、考えや意見をまとめて話したり書いたりして伝えるという目標が増えます。また、小学校で英語が教科になるため、中学校で学ぶ語彙数も1600~1800語に増加し(現行1200語)、高校で学習する文法項目のいくつかは、中学校で学習することになります。

大学入試

中学入試への影響|子供英会話・こども英語教室

大学入試については、2024年度以降、民間の4技能型試験に移行する方向で検討されています。2023年度までは、「読む」「聞く」を中心としたマークシート方式の2技能型試験と、民間試験を活用した4技能型試験が併用される予定ですが、現段階でも「話す」「書く」力が測れる民間の4技能型試験を活用する大学が増加しています。
高校3年生の時点で、自分の考えや意見を論理的にまとめて伝える高い英語力が求められるようになります。